日々のこと 2014.06.30 (月)
すごい人気でキャンセル待ちだったセミナー

ピンチに強い子に育てる
~心が折れそうになったときに、子供の心を支えるもの~


空きが出たということで、行ってきました。


いじめ、不登校、受験など、様々なハードルを乗り越えることのできる、エネルギーのある子供に育てるにはどうしたらよいでしょうか?日々の子育ての中で、本当に大切にしたいことがわかります。

ということで・・・

4つの大きなポイントを教えていただきました。

1.赤ちゃんが生まれたとき、何が大切か
ミルクなど体の栄養ももちろん必要だけれど、同時に心の栄養も必要。
人は動物より一年早く生まれてくるそうです。
ですので、生まれてからの一年は子宮と同じ環境で育てることが必要。
(1)しっかり抱きしめること
(2)母親が笑顔でいること
(3)言葉をかけること

スキンシップをとり愛情をかけていくと情緒の安定した子供に育つそうです。

2.家庭が明るくほっとできる場所であること
家庭は命を生み育てる場、疲れを癒してホッとできる場でなければならない
夫婦の仲がいいと子供たちは安心する。
父親をリーダーとし、母親はサブリーダーとすること。家の中に秩序が生まれるらしいです。
大きな決断をしなければいけないとき、最終決定権は父親にして、父親を切り札にするといいとのことです。

3.親離れと同時に子離れをする
過保護、過干渉は、前頭葉の発達が遅れ、自分のことを自分でできなくなり、他人任せの子になるそうです。
自分のことは自分でやらせるようにすることが大切。

4.健全な愛情
共感の愛と規範の愛をバランスよく与える。
共感の愛とはまず共感すること。ほめる言葉や信頼する言葉、いいところをさりげなく言うなど。
規範はしつけのこと。

たとえば何か相談されたりすると頭ごなしにいうのではなく、
「そうね。」「それはつらいね。」など共感すること
それから「こうしたらどう?」などこれが規範ということです。

そうすると母親は「大丈夫だと言ってくれる」「味方でいてくれる」という信頼、絆がうまれてくるそうです。

箇条書きにしてしまいましたが・・・

どれも知っていたり、当たり前と思っていたりすることですが、実際にでは行動しているかというと、そうでもないこともあるかもしれません。もう一度見直すためのいい機会になりました。大切なのは実行することということです。そして実行するのに遅すぎるということはないそうです。
また、文明社会で便利になっていく一方、命の大切さが伝わりにくくなってきているとのことです。ドラマなどでは人が死んでも他番組でその俳優さんが出ていたり、ゲームなどでは生き返ったり。命の大切さ、かけがえのないものだと教えていくことがとっても大切だともおっしゃっていました。

子育ては人を育てるという事。とっても大切で重要な仕事です。
育児をして自分も育っていく。

本当にそう思いました。
セミナーに出て良かったです♪

hana

さてさて、セミナーの後、小児科にナナソラを連れて行きました。
無事、2人とも登園許可がでました~!長かった・・・
ナナは結局軽くかかった・・・ということになりました。
1~2個かさぶたができたのですが、少ない・・・ほんとうにかかったんだろうか?
他の小さい発疹は消えてしまいました。
よくわからないです。

明日から通常登園!

今日はお店にもたくさんのお客様にご来店していただきました!
順次発送していきますのでしばらくお待ちください♪
本当にありがとうございます。うれしいです♪
小さな女の子のお洋服屋さんNanaSora


風邪で声がつぶれていますが、充実した一日でした。
ありがとうございました。
*******************************************************
小さな女の子のお洋服屋さんNanaSora

NanaSora Facebookもよろしくね♪

いつも読んでいただき、ありがとうございます!
↓をぽちっとお願いします~!
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村


Secret

TrackBackURL
→http://nanasoramama.blog.fc2.com/tb.php/196-8594c152